カテゴリー
体験談

風俗のデリヘルで遊んだ女性は、サービスがすごいスケベ女だった

料金が安めの風俗

2021年1月に、風俗のデリヘルで性欲を発散した俺
店を選んだ理由に、「料金の安さ」があった。
風俗の王様と言われるソープランドは、最低3万円は必要です。

しかし、デリヘルは、1万円前後で気持ちがいい事が出来ます。
ソープと違う所は、本番行為がない事で少し物足りないケースも。
それを補うには、ルックスのいい女性を指名するしかありません。

「出来るだけ顔が良く、ナイスボディーと遊びたいな」

と、考えた俺は地元のデリヘル店を探します。
市内に、5、60店ある店の中から女性のレベルが高い1店舗を見つけました。

色が白くスレンダーな美女が来る

選んだデリヘル店は、20人ほどの女性が働いているようです。
全体的に、顔は良く20歳代が揃っています。

「よし、この中で1番タイプな女性として「りの」さんがいいな」

俺は、高身長で色が白いナイスバディーのりのさんと遊ぶ事に決めます。
りのさんのプロフィールを見ると、エッチな事が大好きらしい
おまけに、オナニーを毎日するほど性欲強しです。

「りのさんなら、サービスも濃厚な感じだ」

俺は、すぐに店に電話をしてりのさんと遊べるか確認をしたものです。

「もしもし、りのさんとデリヘルで遊びたいですが?」
「はい。りのさんは今待機中です。すぐに遊べますよ。」
「本当ですか?じゃあ、家に来てもらいたいです。」

「分かりました。名前と電話番号、住所などを教えて下さい。」

俺は店のスタッフに伝えると、30分後家にりのさんが来るらしい

りのさんは、体が素晴らしく堪らない

美人のりのさんが、家にやって来る事になり俺は興奮をする
一応シャワーを浴びて、清潔な体で待ちます。

「ピンポーン」

約30分後、家のチャイムが鳴りドアを開けるとりのさんだった。

「こんにちは。りのです。」

本物のりのさんは、写真より美人でキレイです。
俺は、部屋へ通し緊張しながら会話を交わす事に。
りのさんは、デリヘルを始めて3か月らしい

話をしてみると、りのさんは感じが良い清楚な女性だ。
この時、俺はすでにアソコが勃起全開で大きくなっていました。

「じゃあ、希望時間は70分なので1万6千円になります。」

先に料金を払うと、2人でシャワーを浴びる事にします。
りのさんは、服を脱ぐと下は「白のTバック」を履いています。
お尻もキレイで、ムシャブリ付きたくなる感じ。

パンツを脱ぐと、パイパンで生まれつきみたいです。

フェラが上手くサービス満点のデリヘル嬢

シャワーから、ベッドへ移るといよいよデリヘルの開始です。
キスをすると、りのさんから舌を出しての濃厚さに興奮。
りのさんは、俺の体を触り舌と口を使って舐め始めます。

乳首を舐められると、気持ちがいい
次に、りのさんは、大きくなっているアソコをフェラします。
先から根元、玉まで舐めてくれるりのさん。

とても上手でテクニック抜群です。

「気持ちいいです。」

りのさんは、さらにハードに舐めてくれました。
シックスナインになると、お返しとばかりにりのさんのアソコを舐め回す俺
軽く腰を動かして、感じているりのさんはスケベです。

素股サービスで昇天する

時間が残り、15分ぐらいになり最後の素股になります。
ベッドで寝転ぶ俺の上に、りのさんは跨りました。
りのさんは、俺のアソコに擦りつけるよう腰を動かします。

前後に振っていたら、次は円を描くよう腰を動かすりのさん。
入れなくても、意外と気持ちがいい素股サービスです。
りのさんは激しく腰を振って、自分も気持ちが良くなり感じています。

俺は、快感が最高潮に達し、白い液体を腹に出しました。

「最高に気持ち良かったです。」
「私も気持ち良かった。」

70分のデリヘル風俗は、至福の時になった俺
やっぱりデリヘルは、ルックスがいい女性を選べば最高に楽しめて満足出来ました。

ただ、やっぱり本番プレイも楽しみたいのが正直なところ。
大阪で本番プレイを楽しめるのは飛田新地だけですが、ネットには正しい情報があまり出揃っていません。

次は、飛田新地の求人サイトを参考にしたいと思います。管理人の柳川尊さんの情報サイトは、いつも参考にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です